達成感と成長。


こんにちは!
関東SGAの五十嵐友泉です🍒

時間が経つのは早いもので、SGAグランプリを頂いてからもう1年が経ちます。
1年が経ったということは3期生にバトンを渡す時期。
SGAで得たものは多く、とても濃い1年となりました。
悩んだり、苦しんだりすることもありましたが、それ以上に楽しいことや達成感を味わうことが多く、バトンを渡すのは寂しい気持ちでいっぱいでした。

遂に、6月2日本番の日を迎え3期生の発表。
選ばれた3人に冠を渡すとき、私たちはおめでとうという気持ちと寂しさと色んな気持ちでいっぱいで、袖に入って支えてくださった人たちを見て涙が止まりませんでした。
マネージャーのちゆりはミスキャンも担当していて、誰よりも大変だった中、支えてくれてSGAのために動いてくれて感謝しかありません。
関東は冠は渡しましたが、私達のSGAとしての活動は7月の卒業式まで続くので最後まで全力で駆け抜けたいと思います。
関東SGAの望月莉奈と私は選抜メンバーに抜擢して頂くことができ、オープニングのステージも一緒に作ることができて幸せでした。
そして私は選抜ステージができてから毎回選抜に選んで頂くことができました。
毎回今までの自分を越えていくために自分と向き合い、自分の引き出しを増やし成長する機会を与えて頂けたことはこれからもずっと誇りです。
最後の最後で、ステージ上でなんの不安もなく心の底から本当に楽しむことができて本当に幸せでした!!

キャンコレに初めて出た2年前からは想像もつかない自分と出会うことができて、
キャンコレに出会ったからこそSGAに出会うことができて、
SGAに選んで頂いたからこその仲間ができて、色んな経験ができて、
その全てが総じて今の私がいて。
私は特に
出会い、挑戦、全力投球、進み続ける力
を大切にしたいなと更に強く思うようになりました。

自分で新しい自分を創り上げて、
その新しい自分に出会えた幸せを感じて、
どんどん進化していく自分。
進化しても成長しても、自分は自分。
もちろん周りの支えがあっての自分だけど
結局今の自分を成長させるのは自分しかいない。
SGAになったからこそ、
自分っていうものにここまで向き合うことができました。
人に合わせるのってすごく大事なことかもしれません。
でも、ただ合わせるだけでは一緒になってしまう。
自分の個性、自分らしさを一人一人がしっかり持ちつつ協力したり1つの目標に向かうことによって合わせてることになるんじゃないかって気づくことができました。
合わせにいくのではなく、周りをたてて謙虚でありつつも積極的に自分の意思もしっかり出す。
この気持ちを大切に、最後のキャンコレでは今までで1番理想に近い自分でステージに立つことができたなと思っています。
あと1ヶ月弱。
悔いのないように最後まで全力投球で頑張ります☀️!


関東SGA 五十嵐友泉💌

すっぴんWEB

日本の、世界の、すべての女の子のすっぴんをキレイにしたい! このサイトは「すっぴんGirl'sアンバサダー」の情報発信サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000