明けましておめでとうございます。

みなさん、
明けましておめでとうございます。
プロデューサーのikkoです。

SGAが誕生した2016年を終え、
2017年に突入しました。

2016年、SGAを応援してくださったたくさんの方々に心から感謝しています。



振り返ると、
「すっぴん」
このワードを考え続けた1年でした。

すっぴんは、
私にとって、憧れ。

世代的に、
黒ギャル(死語)だったし、
つけまは2枚づけだったし。笑
暇さえあればメイク直ししてたし、、
引き算より足し算、
アンパンマンの顔が濡れるくらいに
すっぴんは力が出ないーーー、、、

そんな青春期を過ごした私からすると
"ナチュラルに生きること"
なんて考えてこなかった。


私を知ってる人からすると
きっと、
「すっぴん」というワードからは
1番程遠い人間だと思う。


"かっこよく生きること"
10代の後半から、今までそう考えてきたし、
これからもそれは変わらない。。。


そんな私が発信したい「すっぴん」ってナニ?をたらふく考えた1年でした。

今は、
世の中にあるすっぴんのイメージから見てなかった角度でも見てみて欲しい。
いや、自分自身が見ようとしてる。
そんな感じです。

ノーメイク
そんな解釈ではなくて、
自分らしく
って解釈だったり。
等身大
って解釈だったり。

背伸び派の私としては、
目からウロコの考え方だけど、
等身大ってとても大切だと気づかされたのも
SGAのおかげです。

同じ目線でいいなって思うものをシェアすることの大切さを2016年はSGAを通してとても感じました。
未来ばっかりみずに、今を見ること。
今のひとつひとつの積み重ねが未来になっていくから。

そして、
自分らしく
はつくっていくもの。

だから、挑戦をして、経験をして、
新しい自分に出逢っていく。

そうやって、
ひとかわひとかわ剥いていくことが
「すっぴんライフ」
なのかなと。

化粧を落としていけばすっぴんになるように
自分と向き合っていく作業です。

兎にも角にも。

一歩を踏み出すことのできた2016年は
とても偉大な年でした。
一生忘れることはないと思います。


女の子の憧れを発信すること。

ワクワクやドキドキに素直に、それを共有すること。

これが、
SGAの活動の原点だと思っています。

そして、

BE CREATIVE
BE HAPPY
BE YOU

私たちもまさしく現在進行形ですが、
「すっぴん」の4文字にのせて届けたい思いは
2017年も変わらず
みなさんのもとへしっかりお届けしたいと思っています。

そんななかで背中をポンと押してくれる
キッカケになるのが
「すっぴんシリーズ」たちなのかなぁ。
と思います。

すっぴんでなんだかモゾモゾする気持ちに
ちょっとした"自信"のスパイスをくれたり、
"幸福感"っていうキラメキをくれたりする。

SGAのメンバーを近くで見ていて、
それをとても感じました。

0から1。
初めの一歩、それを一歩一歩積み上げてくれたメンバーがいるから、
未来を見れていると思います。
心から感謝します。

そして、
2017年のキービジュアルが出来上がりました!


キメ顔ではなくて
それぞれのキャラクターを感じる顔をしてて
とてもお気に入りです。

彼女たちも1年前は
普通の大学生でした。
今は普通の大学生を卒業しようと必死にもがいてる。

それもまたかっこいいです。

彼女たちを通して、等身大の
BE CREATIVE
BE HAPPY
BE YOU
を感じてもらえたら、
プロデューサー冥利につきます。

2017年、このプロジェクトがひとりでも多くの人に愛されるよう
声を大にして発信していけたらなと思います。


どうぞ、2017年もSGAをどうぞよろしくお願いいたします。


プロデューサー
ikko masuda


すっぴんWEB

日本の、世界の、すべての女の子のすっぴんをキレイにしたい! このサイトは「すっぴんGirl'sアンバサダー」の情報発信サイトです。

0コメント

  • 1000 / 1000